セブンログ

食べ過ぎていないのに、体が重く感じる場合、どんな対策がとれるのか?

 

セブンログ

 

年末になって、忘年会などでつい食べ過ぎてしまう季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

ただ、食べ過ぎて体が重くなるのだったらまだいいのですけど・・・

 

食べすぎてはないのに体が重く感じるとき、どうしたらよいのかまいってしまうことがありますよね。

 

まあ、わたしはあんまり食べ過ぎにならないんですが、冬は色々と美味しいものがありますからねぇ。

 

ついさっき、カニ鍋セットをお取り寄せしたんですが、結構量があるので、食べ過ぎになっちゃいそうですねえ(;´∀`)

 

ちなみに、カニ鍋通販のおすすめはこちらからどうぞ。

 

ここでは、食べすぎてはないのに体が重く感じる場合のある対策方法について書いていきます。

 

食べすぎてはないのに体が重く感じるときは、こうする

 

食べすぎてはないのに体が重く感じるときは、試していただきたいのが、実は、外食をへらすというやり方なんです。

 

外食はやはり、油の質もよくなく化学調味量なども多いため、量は少なくても蓄積されるものも多いと感じるというわけです。

 

食べすぎてはないのに体が重く感じる場合でも、外食をへらすと、手間のわりには良くできるはずです。

 

そういう訳で、とりあえず外食をへらすのを試してみて下さい。

 

腹筋をするのもいい

 

まず最初に外食をへらすということでしたが、それと、もう1つ試してみていただきたいのが、腹筋をすることですね。

 

どうしてかと言うと理由があって、重いと感じるときはほぼ、下腹部なので腹筋を動かしエネルギーを消費させるといった理由です。

 

これらの外食をへらすことと腹筋をするのは、併用するといいです。

 

楽々とできるやり方だと思いますから、試しにやってみては?

 

楽々と試せるやり方ではありますが、ある程度それなりに効き目はあるはずです。

 

そんなわけで、食べすぎてはないのに体が重く感じるときのある対策方法として、上の方法を試してみてください。

このページの先頭へ戻る