自分を過剰評価してしまう人が、そこから脱却するには

 

自分の実力に過剰に自信を持っている。

 

けどそれが実は、単なる勘違いという人がいます。

 

自分の実力を勘違いし、自分の実力以上に自信を持っている人。

 

こういう人は自分が自分自身に対して抱いているイメージと、他人がその人に感じている人柄のイメージとで大きなギャップがあったりするので、そのことで苦しむことがあります。

 

「自分は頑張ってるし、できる人間でもあるのに、周りからあまり評価されてない。」

 

そんなふうに思って、落ち込んでしまうわけです。

 

評価のギャップに苦しまないようにするには?

 

こういった人がその状況から抜け出すにはどうすればいいでしょう?

 

まず、自分を客観視することが必要ですね。

 

ただ自分の実力を過剰に評価している人が、今更自分をうまく客観的に見るのは、なかなか難しいことでもある思います。

 

そこで、客観視という観点から考えた時に、第三者の意見に真摯に向き合うことが大切です。

 

第三者から意見や評価というものは、時に聞きたくない事実を含んでいることもあります。

 

当然の話ではありますが、周囲から評価される人というのは、
「自分で俺のことを高く評価してくれ」と頼んで周囲の人から良い評価を得ているわけではありませんよね?

 

 

本当に実力があれば評価というものは自然とついてくるものなんです。

 

しかし、自分には力があるのに周りから評価が得られてないと思うのであれば、それは自分自身に対しての評価が正しくできていないということになるのです。

 

結果を出しているのなら、他人の目は気にしない

 

それでも、自分に自信を持つことは大切なことです。

 

自分が求めている結果をそれなりに出している人であれば、自信をもったままでいいとおもいます。

 

結果を出していれば周囲からの評価というものも、それなりに得られるものです。

 

ただ、結果が出せていないのであれば、他人の意見に向き合ってみると、新しい発見があるかもしれません。

 

このページの先頭へ戻る